退職代行ニコイチと弁護士ならどちらに依頼すべき?非弁行為って?

人気の退職代行サービス「ニコイチ」ですが、弁護士に依頼するより利便性が高いのでしょうか?安全性はどうなのでしょうか?

退職代行サービス?それとも弁護士に依頼する?

退職する意思を固めたものの、さまざまな事情があってそれを会社へ伝えることが難しい。ただ辞めるだけ、これが高いハードルになってしまい頭を悩ませている方は決して少なくありません。こういった悩みを解決すべく広まり始めたのが「退職代行ニコイチ」をはじめとする、退職代行サービスです。

退職代行サービスが行うのは、在籍している会社へ退職の意思を伝えるといういたってシンプルなもの。あくまでも退職を伝える代行といった役目を担ってくれるものであり、ご本人に変わって退職に関する作業を行うわけではありません。例えば給与に関する交渉事、必要書類の記入といった行為に関しては一切関与できないのです。

なぜなら、これらの行為は非弁行為といって法律上の問題に関わる恐れがあるからです。弁護士法72条「弁護士でない者が報酬を得る目的で代理や仲裁、和解などを禁止する」からも分かる通り、報酬を得て交渉事をする場合は弁護士資格が必要になります。もしこれを退職代行サービスが行うと違法となります。

退職代行サービスを利用するべきなのか、もしくは弁護士に依頼するべきなのか。いずれかで悩んだ場合は、こういった法律的な違いがあることを念頭に比較するといいでしょう。

退職代行ニコイチは安心して利用できます

退職代行サービスか弁護士、どちらに依頼すべきなのか。おそらく多くの方がまずここで悩むところかと思いますが、分岐点としてあげられるのは費用面です。法律に長け専門家である、といった大きなメリットを持つ弁護士に依頼するとなると、当然ながら費用は高額になります。

退職を控えるにあたりできるだけ費用は節約したい、という場合において、弁護士に依頼するのはやはり金銭の負担がかかりがちです。あくまでも退職したい、この気持ちを伝えることを優先したい。これが一番であれば、退職代行ニコイチに依頼するのがオススメです。

辞めるにあたって最もつらいのは「退職します」とこの一言を伝えることではないでしょうか。退職代行ニコイチならその最も言いづらい言葉を伝えてくれるので、不快な思いをなるべく少なく退職を進めることができます。弁護士にわざわざ依頼しなくとも、十分に気持ちを伝えることは可能なのです。

退職がすべて完了するまで、追加料金不要でしっかりサポートしてくれるので安心して依頼できるのも魅力でしょう。まずは無料相談で気軽に相談してみることからはじめてみてはいかがでしょうか。